Teaching is Learning

都内の大学で英語を教えています。日々のティーチングや研究についてつづります!

Learning Log/ Academic Listening授業/しかし暑い!

Learning LogへFeedback

またもや熱帯夜でした。それでも前日よりはよく寝たかな・・・

今日は授業が午後からだったので、午前中はAcademic ListeningクラスのLearning LogにFeedbackをしていた。

読んでいくと、やはりみんなグループワークとビデオを使ったActivityが楽しかったとのコメントが多い。これはやらないわけにはいかない!

Academic Listening授業

ということで、今日も昨日考えたImport Interesting Foregin Sports to Japan! Activityを行った。

ただ、今日は、勇気をもって、正しいTBLTのやり方で行ってみた

というのも、正しいやり方はまずタスクをやって、そのあとにLanguage Focusに移るのだが、今まではPPP (Present, Practice, Produce)だったもので、最初に文法を示し、練習問題で練習して、最後にできるだけその文法を使ってProduceするタスクを行っていたのだ。

今日は思い切ってMain Taskを最初にもってきてみた。最初に学生が持っている語彙や文法を使ってTaskを行う、というのが大事なのだ。

みんなの反応は・・・

良かった!(笑)

最初にグループでわいわいやることによって、勢いがつくような気がする。

案の定、Kimball?Kabaddiなど、面白いスポーツを探してきていた。(笑)

ただ、最近思うのだが、みんな機械翻訳に頼りっきりだなと・・・Task-base language teachingでは先生の役割としてLanguage advisorになるという項目があるのだが、どうもみんな大学の先生よりもGoogle先生の方を信頼しているように思えてしまう。😿

タスクの後はいつも通りに長ーいリスニングのノートを取って問題を解いたりするのだが、それもなんとなくTaskの後のアドレナリンが続いていたように思う。

最後はリスニングのスクリプトを使ってAwareness-raisingアクティビティで終わったが、思ったよりもまとまりをもって終えられたように思う。

これからも「正しいTBLT」のやり方で続けていこうと思う。

しかし暑い

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/23/15/00/ice-cream-1274894__340.jpg

帰りは5時過ぎに大学を出たが、まだまだうだるような暑さだった。

そういえば、講師控室が通路にパーテーションを立てただけの簡易のもので、クーラーが全く届かず、今日は暑くて暑くて汗が止まらなかった。

思い切って事務局の方に、「扇風機余っていたら貸していただけませんか・・・」と聞きに行ったが、急には用意できなかったようだ。来週には準備していただけるらしい。

大学の講師控室の居心地の良さというのも結構大事な気がする今日この頃である。

TBLT授業作りからの歯の磨き方指導、そして海外組の帰国

早朝の合唱

熱帯夜で寝苦しい夜だった。

そして、朝方、確か3時半ぐらいだったが、鳥がピヨピヨ鳴きだした。そのあと少しして、今度はセミが合唱を始めた。さらに、カラスがカーカー鳴きだして、最終的には例の黒猫ちゃんまでもがミャーミャー言い出すものだから、朝から大変なノイズだった。

これもクーラーかけて窓を閉めていれば静かだっただろうに、昨日は頑張って熱帯夜の中ねてしまった。本当は危ないらしい。

昼の情報番組によると、夜は女性は室温を26℃にして、布団をかけて寝るのが一番良いと言っていた。

昨日はクーラーなしでタオルケット1枚で寝たが、きっぱりと、「それは昭和の時代に、まだ今よりも涼しかったころにやったことです。」と。

ああ、電気代も心配だし、そもそもの電力がひっ迫しているというではないか。さらに、水不足の心配も?

いったいどうなる日本の夏???

授業準備

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/24/00/27/lessons-1928197__340.jpg

さて、今日は授業はないので自宅で朝からAcademic Listeningの準備をしていた。

いつものリスニングは4分ぐらいのレクチャーや会話が多いのだけれど、今回はなぜか4人の人がそれぞれスポーツについて話すモノローグ。

なんだかいつもと勝手が違う・・・

でも、Taskとしては、Import Interesting Sports from Abroad!というアクティビティーを作ってみた。インターネットサーチが必要だが、きっと彼女たちは面白い海外のスポーツを見つけてくれるはず。

歯の磨き方

と、今日は15時から歯医者を予約していたのだった。

歯はそれほど丈夫ではなく、ここ5年ぐらいは毎月クリーニングをやってもらっていて、虫歯になっても早期発見でさすがに大きな虫歯は見つかっていない。

今日は特に歯を紫に染めて、磨き残しの検査をした。

今日に限って、フロスや歯間ブラシをしないで行ってしまった。すると、やはり歯の間は赤く染まっていて、ちゃんと磨けていないと判明した。

そのあと、歯科衛生士さんに歯の磨き方を教わった。はじめてだった。

こんなに長く通ってるんだから、もっと早く教えてくれれば良いのに・・・と思ったけれど、まあ良しとしよう。

そもそも、私は歯を磨くときに力が入りすぎる。一時は歯茎が落ちてきて、知覚過敏に苦しんだほどだ。

でも、ある歯科医が、「フッ素の入っている歯磨き粉を使ってみたらどうでしょうか?」と勧められ、試してみたら、使った瞬間からしみなくなった!いわゆるシュミテクトである。

それからというもの、歯ブラシはやわらかめにし、シュミテクトをつかっていつも磨いていたが、歯ブラシは歯茎に異常がない限りはふつうの硬さが良いとのこと。その方が汚れが良く落ちるからだそうだ。

確かに。やわらかめはすぐに毛先がへなる・・・ま、買いだめしているので、それらを使い果たしたら「ふつう」にしよう。

海外組が続々帰国

帰宅してササっと冷たいあんみつを平らげてた。

そして、授業の準備に戻る。今日もなんだか寄り道して結局1日かかってしまった・・・

学期中はメソッド関係の本や動画は禁止しよう。つい触発されて今のスタイルをかえようとしてしまう。変えるなら、長期休暇の間に!!

そうこうしていると、元英会話学校の同僚で、アメリカ人のダーリンと結婚してロサンゼルス在住の友人からスカイプメッセージが入っていることに気づいた。

最近スカイプは全く見ていなかったのでびっくり。今日本に帰ってきていると!

やっとコロナも落ち着いてきて、海外在住組がちょくちょく帰ってくる。

先月はパリ在住の友人が帰国してランチした。サプライズと共に・・・(なんと44でおめでた!!)

今回のロスの友達はすでに2人のこどもがいて、彼らを引き連れて帰ってきたが、旦那さんにも子供にもまだあったことがない。上の子が6歳というから10年ぶりぐらいに本人とも会うのかな・・・

子連れオーケーのランチ場所を見つけてゆっくり思い出話をしたい。

 

朝のバタバタからの3コマAcademic English Classes

朝のハチャメチャ

最近連日の猛暑のためか、朝なかなか起きられなかった。7時半にやっと起床。8時半には家を出なければならなかったので、パパっとオートミールグラノーラ、バナナはちみつとコーヒーの朝食を済ませた。

コロナになってから朝ドラにはまっている。今日もちむどんどんを観てからメイク、ヘア(最近はもっぱらお団子ヘア・・・暑すぎて!)。

まだ朝だというのに30℃近くあったんじゃないか。

そしたら今度は埼京線が大幅に遅れているという。いつも授業の1時間前には到着するようにしているが、今日は30分前の到着だった。

今日は3コマで、2種類の授業を教えたので、それぞれHandoutをコピーするのに時間がかかり、結構ギリギリで教室へ。

Academic Reading & Listening Classes

2限のクラスは2年生のアカデミックリーディング。

昨日しっかりタスクを準備しておいたので、かなりスムーズにいった。

marikoashton.hatenablog.com

Clear goalとConstraintsを考えて、答えだけでなく、Reasons & Examplesをいくつ考えること、まで指示すると、みんなしっかりとそれに向かって取り組んでくれたように思う。

今学期もあと1か月ほどあるが、一人の学生が「期末試験は何を勉強したら良いですか」との質問が。今の時点では「予習復習をしっかりやっておけばよいよ」と伝える。また、長文読解が苦手なんです、というので、クラスでも確認しているProcedureを日本語で確認してみた。

  1. Check the titel, headings, captures.
  2. Skim read the article
  3. Read the questions
  4. Go back to read carefully

質問されて、はっとした。これ、もう少ししつこく確認しておいた方が良いな・・・

3,4限はアカデミックリスニング。

小テストはどちらのクラスもいつもに比べると出来が悪かった。難解な単語の聞き取りがあったからな・・・CruelがCoolに聞こえた人がほとんどだった。でも、内容的にCoolっておかしいし、Cruelとだいぶ意味が違う。苦笑 全体でもこれを正解したのは1人だけだった。

いつも小テストの平均点が高いのが気になっていたので、たまにはこれぐらい低いことがあるぐらいでちょうどよいと思う。本人たちはビビるかもしれないが。(笑)

3コマ教えた帰りは足がガクガク。プラスこの暑さである。さすがに疲れてちょっと糖欠乏症気味な感じで手が震えてきたので、KioskCosta Coffeeを購入。

Costaはイギリスで良く行っていたカフェである。ちょっと懐かしくも思い、そして、暑かったせいもあり、アイスコーヒーがとてもおいしかった。

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/07/17/12/coffee-2605839_960_720.jpg

 

黒猫ちゃん、TBLTで授業リカバリー、お墓のご近所さん

黒猫ちゃん

毎週日曜日の朝は近くのバス停周りを早朝奉仕している。

そこにいつも登場するのが黒猫ちゃん。真っ黒で目だけがゴールド。

(写真はイメージ)

https://cdn.pixabay.com/photo/2019/10/11/13/34/cat-4541889_960_720.jpg

先週と先々週は雨で中止だったのだけれど、今日は朝から27℃という暑さ。猫ちゃんも今日はお休みだろうなーと思ったら、ちゃっかり来ていた。

この猫はミャーミャー鳴く割に、近づくと逃げていく。昨日「みんなの動物園」でラミちゃんが上手に猫を扱っていたので、そうか、無理に近づいちゃいけないんだなと学んだ。

でも、確実に距離は縮まっているような気がする。いつかなつかれたい。(笑)

「やっちまった」授業のリカバリ

今日は朝から明日のアカデミックリーディングクラスの準備。

先週失敗したクラスである。最後にForm-focus入れたらみんなしんどそうになってしまった・・・どうにか挽回したいと思っているが、どうしよう。

そんな時に、先週動画で見たTask-baseのWebinarを思い出した。その時の先生も、やっぱり愛読しているのはWillis and Willisの'Doing Task-based Teaching'だ。

Jane WillisさんのWebinarにも一度参加させていただいて、個人的にメールで質問したら、とても丁寧に回答を頂いて、本当に感謝している。

そうか、リーディングもTBLTでやってみよう。と思い立ち、もう一度本を読み返していたら、アッという間に時間が経ってしまった・・・

私の悪い癖。すぐに他に興味が行ってしまい、やるべきことが終わらない・・・苦笑 これじゃ学生と同じだな。(笑)

結局午後までかかって、次のことを念頭に、少しいつものTaskを見直した。

  • TaskにProblem solving、competitiveな要素を入れる
  • Outcomeを達成できるようにClear goalを示す(制限時間設定、理由を3つ付ける、など。)
  • Form focusは最後に行う(これ最初にやっちゃうな・・でも最後にやっても盛り下がる・・・)
  • コースブックがある場合は最初からTaskが終わるまで教科書を閉じておくようにする。(でないと、生徒はFormに集中してしまい、不自然な表現をし始める・・・確かに。)

頭に入っていたと思ったことが、忙しく授業をしていくと忘れてしまっているものだ。本当に、初心忘るべからず

お墓のご近所さん

さて、夕方から父の墓参りへ。

最近よくお隣のお墓のおばさまにお会いする。

あまりに暑くてお互いに「お花が持ちませんねー」、なんていう会話をいつもしている。

彼女はまだ60代後半ぐらいかな・・・旦那さんを亡くされて、とてもさみしそう。いつもお墓に向かって話しかけて、一緒にお茶飲んだり、お線香と一緒にたばこをあげたりしている。(これには最初は驚いた・・・)

それにしても、暑くて暑くて、墓石で目玉焼きが焼けることは間違いない。

 

Journalingや仏教について語ったり、高級食パン食べたり、プライベートレッスンしたり

https://images.unsplash.com/photo-1462642109801-4ac2971a3a51?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxzZWFyY2h8MTl8fGpvdXJuYWxpbmd8ZW58MHx8MHx8&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

Journaling

最近英語でJournalingをしている。このブログもそれがもとになっている。

Journalingを始めたのはR. C. WaldunというYouTuberがきっかけになっている。


www.youtube.com

メルボルン在住の学生兼作家である。まだ若い彼。YouTubeのタイトルが気になって覗いてみたが、なかなか知的なことを話す。

彼のスタイルは、日常のことをノートに書き留める(Journaling)ことから始まり、それをもとに毎日日記を書く。ストーリーとして。

この、ノートに書くという行為、スマホに慣れてしまっている私にできるかな?と思いながらも小さめのノートを持ち歩いてみた。

そして、朝食の後、大学に到着直後、休み時間、帰宅後、など、感じたこと、出来事などを書きなぐってみた。何でもいい。

そして、夕食後、このブログにもう少しまとまったことを書いてみている。

このJournalingがなかなかいい。一日を振り返ろうとすると、かなりのことを忘れているものだ。でも、ノートを読み返すだけですぐにその時の気持ちがよみがえってくる。

しかも、私はどういうわけかJournalingは英語で書きたい。というか書いてしまっている。なんだか気持ちを表すのは英語の方がやりやすいような気がする。

例の食パン

さて、今日の朝は昨日買っておいた「高級」食パンを頂いた。(笑)

まあまあかな。ちょっと甘めのパンだった。畑でとれたレタスとハム、チーズを挟んでいただく。マヨネーズを切らしていたのでマスタードで。

とれたての野菜は本当においしい。今はほとんど母が世話をしているが、コロナ禍の始まりのころは私も毎日のように手伝いに行った。

今は夏野菜が旬。トマト、キュウリ、レタス、ナス・・・70代後半の母は、毎日YouTubeを観て野菜作りの勉強をしていて、その成果が今年は特に出ていると思う。

アメリカのお寺

カーブスに行っている。30分でエクササイズが終わり、着替えもシャワーもいらなくて効率的なところが気に入っていて、大先輩のおばさまたちと一緒にエクササイズ。

今日はカーブスに行く前にサンフランシスコの友人から連絡があった。お寺に行ってみたいという。

私は在家の仏教徒という話をしたことがきっかけで興味を持ったようだ。日本人の旦那様がご病気で、今大変なのだと思う。

サンフランシスコまで飛んでいければよいが、そうもいかないので、お寺に相談している。病気のときは特に不安が多い。宗教を嫌う人も多いが、そんな時こそ宗教の出番だと私は思う。

それに、イギリスに留学していた時、ルーマニア人の友人から「Marikoは何を信じているの?」と聞かれた。その時はまだ仏教の修業をしていなかったから、「何となく仏教かな?」と答えた。「日本人は仏教を信じている人が多いの?」と聞かれ、いや、そもそも宗教している人が少ないかも。というと、「じゃあ日本人は何を信じて生きているの?」と質問攻めになって困った思い出がある。キリスト教徒の彼女には、信じているものがないということが信じられないようだった。

今思えば、あまり日本の文化や宗教を知らないまま海外に飛び出してしまい、すごく勇気のある行動だと思うと同時に、もっと日本人として知っておかねばならないことを学んでおけばよかったと後悔したこともある。

いずれにせよ、サンフランシスコの友人のご主人のいち早い治癒を祈りたい。

プライベートレッスンでクールダウン

午後からはオンラインでプライベートレッスン。

今日はあまりに暑いので、トピックをIce Creamにした。Readingだったが、Ice cream, gelato, frozen yogurtの違いについて、私も勉強になった。

アイスクリームは空気が入っていて、ジェラートは空気が入らないものらしい。知らなかった!ちなみに、フローズンヨーグルトはヘルシーな名前に聞こえるが、実は糖分の量がハンパないとか。

本当にTeaching is Learningとはこのことだ。

今日も本当に暑かった。さっと風呂に入り、休もうと思う。

 

PBLLリサーチペーパーと色んなクラス、学生

通勤Research Paper Reading

最近すっかり通勤時にリサーチペーパーを読む習慣ができた。

往復で2時間から3時間はあるので、少なくとも1時間はじっくり読める。

現在はPBLL関連のリサーチをまとめた本を読んでいる。

 

今日はPBLLでも何やらビデオゲームを使って学習するというもの。

いやいや、クラスでビデオゲームはないでしょ・・・と思っていたが、とても興味深いペーパーだ。

医大生対象のリサーチで、「感染症を広めようとする悪からいかに人々を救うか」、みたいなゲームらしいのだが、英語ベースで、しっかりと医学用語や予防学のようなものも学べるらしい。

もちろん、ずっとゲームをしているわけではなく、その道のエキスパートの講義や資料の翻訳と内容発表なども同時進行していた。

自分のクラスは「国際コミュニケーション学科」というざっくりとしたくくりなので、このようにピンポイントなトピックのゲームは難しいが、のめりこめるという点ではこのリサーチのクラスは成功していると思う。

学生の評判も良く、モチベーションも全体に上がったようだ。

最初は読むのもしり込みしていたが、意外に面白い内容が隠れているので食わず嫌いはいけないなと反省した。

M University授業

1限のクラスを終えて、すっかりPBLLのとりこになった。

今は今学期2回目のプロジェクトを行っているが、前回はお友達同士でグループを作ってもらっていた。

これが、まあみんな集中できないし、何をするにも「なあなあ」になる。

今回はくじ引きでランダムにチーム分けをしたので、「知ってはいるけどお友達ではない」、程度の仲になっている。

そうすると、不思議なことにみんな集中する。迷惑をかけられないという気持ちが働くのだろうか。

今日はリサーチトピックを確定して、KWLチャート(what we Know, what we Want to know, and what we Learnedを書く為の表)とResearch rolesを決めてもらった。

先週はなかなかトピックが定まらなかったが、トピック+トピックで詳細が見えてくるよ、と伝えると、これがはまったようで、なかなか面白いリサーチになりそうである。

たとえば、Music and society, movie and racism, sports and happiness、といった具合である。

このように、いろいろ本で読んだことやWebinerで学んだことをすぐに実践してみて、上手くいくと、さらに講師のモチベーションにもつながるものだ。だから、やめられない!

3限は英語レベルが一番下の1年生のクラスで、人数も少ない。1限の2年生のクラスが29人なのに対し、1年生は12人だ。

そして、女子が2人に男子が10人。その女子二人がお休みだったものだから、それはもうカオスだった。(笑)

彼らは一人一人がとても個性的だが、自由である。

授業中に、「先生、トイレ行ってきていいですか?」が4人・・・

まるで幼稚園。苦笑

それでも、みんな明るくて前向きで、英語力はさておいて、人間性はとても良いと思う。そのまま大人になってほしい。(まあ、年齢的には18歳以上なので大人なのだが。)

金曜日まで頑張ったご褒美、さくらカフェのシナモンロールカプチーノ💖

言った言わない

休み時間にメールを確認すると、K大学の学生からメールが届いていた。昨日欠席が全体の三分の1(15回中5回)を上回ったので、単位を落としてしまいますという連絡をした学生だ。

「絶対に6回休んでいません」と言い張る。

この大学はカードを機会にかざして出席を取る形をとっているが、そのデータ上は欠席が6回。アウトである。

それを、カードをかざし忘れたのだと言い始めた。

その後、あーだこーだといろいろ手を変え品を変え言ってきた、どれも本当だとは思えない内容だった。

でも、もう時間ももったいないし、言った言わないの問題は本当にめんどくさいな、と思い、今回だけ後付けで突然提出してきた電車の遅延証明を信じてあげることにした。

彼は宿題にも全く手を付けていないし、どちらにしろ合格できる確率は低いと思う。

いろんな人がいるものだ。

明日の食パン

最近は朝食はほとんどオートミールで済ませているが、土曜日の朝だけはパンを頂くことにしている。週に1回の事なので、特別においしい、ちょっとお高めのパンを金曜日の仕事帰りに買って帰る。明日が楽しみだ。

それにしても、今日は暑くて風の強い一日だった。しばらく暑い日が続きそうだが、筋トレして鍛えて頑張ろうと思う。

 

近所のインド人やGeneral Englishの授業の反省

朝散歩をしばらく続けていたのだが、ここ一週間は歩けていない。

朝散歩は特にメンタルに良いらしいが、樺沢紫苑先生はメンタルに問題がない人にもお勧めしている。


www.youtube.com

やってみると、夜の寝つきが良くなったような気がしてならず、また再開したいものだ。

さて、今日はK大学のGeneral English

通勤ではバスにも乗るのだが、社内にインド人らしき若いお兄ちゃんたちが乗っていた。

どうも、私の住んでいるあたりは楽天の社宅があるようで、最近よく見かけるようになった。

女性専用ジム、カーブスに通っているのだが、そこにも一人楽天社員の奥様がいらしていた。とても綺麗でかわいらしい人だったが、コロナでいったんインドに帰り、また日本に戻ったらしいが、カーブスには戻らないらしい。残念。

電車では、とても背の高い妊婦さんがドア付近で立っていた。私も立っていたのだけど、声をかけて座る場所を見つけてあげるべきだったのではないかと後から公開している。

K大学の授業は2限から3限。

いつも眠そうでやる気もなさそうな学生が2限にはそろっているのだが、今日はリスニングを多めに行ったせいか、わりと集中していたような気がする。

ただ、空港でチェックインするTaskに関してはちょっとハードルが高かったようだ。

もっとScaffoldingが必要だったと反省。

同じ内容を3限、4限と行ったが、木曜日はこちらの方がレベルが高い。

特に4限の学生はとても積極的で、2限と同じ学部とは思えないぐらいだ。

いろんな学生がいるが、どの学生も良い個性を持っていると思う。

英語の好き嫌いにかかわらず、人として尊敬しながら接していきたいと思っている。

先日も述べたが、1日3コマは最近体にこたえる。

今日は帰宅してからも同居の母が少し調子が悪く、家事が忙しかった。

明日はPBLのM大学で、プランが大変だったけれど、何となくシミュレーションはできたのでこれで寝ようと思う。